20:22 2021年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 05
でフォローする

米マイクロソフトは、同社のセキュリティ対策ソフトウェア「Windows Defender」(マイクロソフト ディフェンダー)の新たな更新を発表した。

先に、Windows Defenderでは「望ましくない可能性のあるアプリ 」(PUA)をブロックするためのオプションが追加されたが、マイクロソフトは今年8月からWindows 10を搭載したすべてのデバイスでこの機能をデフォルトでオンにする。

「望ましくない可能性のあるアプリ 」のリストには、Torrentクライアント(例えば、μTorrentなど)、マイニング用プログラム、広告アプリ(例えば、DriverPack Solutionなど)、OSオプティマイザー(例えば、CCleaner)などが含まれている。

関連記事

タグ
マイクロソフト, Windows
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント