19:46 2021年09月21日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

中国の宇宙飛行士が、2回目の船外活動を実施し成功したことが分かった。中国中央電視台が報じている。

現在、中国独自の宇宙ステーションのコアモジュール「天和」には3人の中国人宇宙飛行士が滞在している。3人の天和での滞在期間は、すでに丸2ヶ月が経過している。

船長を務める聶海勝氏は、20日午前8時38分(日本時間9時38分)に天和コアモジュールのハッチを開けた。その後、聶氏は同僚の劉伯明氏とともに、中国の専門家が開発した新世代の宇宙服「飛天」を着用して宇宙空間に出た。もう一人の宇宙飛行士の湯洪波氏は天和に残り、オペレーションの調整を行った。

今回の船外活動は無事完了した。今後はロボットアームを使ってパノラマビデオカメラの吊り上げ、モジュールの外面にあるツールボックスの組み立てと固定など、数種類の船外装置の取り付けを実施するという。

中国の宇宙ステーションの「天和」モジュールに滞在中の宇宙飛行士は7月4日、初の船外活動を行った。中国の宇宙飛行士が船外活動を行ったのは、13年ぶり。

関連ニュース

タグ
中国, 宇宙, 宇宙飛行士
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント