19:40 2021年09月20日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32
でフォローする

ノルウェーのヤラ・インターナショナル社は、コンテナを自律的に輸送できる世界初の温室効果ガス排出ゼロの船舶「ヤラ・ビルケラン」を建造した。2021年末に船員の乗船なしで初めての航海に出発する予定。CNNが報じた。

ヤラ・インターナショナル社は、2017年に電気コンテナ船プロジェクトの作業を開始した。

「ヤラ・ビルケラン」に船員は乗船しないが、これまで通り、3つある沿岸管理センターの入念な管理下に置かれる。

ノルウェー南部 ポルスグルンにあるヤラ社の工場の責任者を務めるジョン・スレッテン氏によると、当初は従来通り人間が貨物の積み下ろしを行うが、将来的には、ほとんどの作業が自律技術を用いて行われ、完全電気貨物船は二酸化炭素の排出から環境を解放する。

関連ニュース

タグ
ノルウェー, 環境
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント