09:03 2021年09月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米航空宇宙局(NASA)の火星探査車パーサヴィアランスが同惑星の土壌サンプルをはじめて採取した。プロジェクトの主任エンジニア、アダム・ステルツナー氏が明らかにした。

ステルツナー氏はツイッターで、「サンプルを手に入れた! 岩石の穴を目にしてこんなにも嬉しく思ったことはない」と感想を語った。

​SNSに探査機から送られた画像が投稿されている。土と細かい石に交じってとても大きな岩石も写っており、その岩石には丸くて黒い穴が確認できる。

土壌採取の初の試みは8月7日に行われたが失敗に終わっている。 パーサヴィアランスのデータによると、サンプル採取システムは予定通り作動したものの、遠隔測定法から、操作後の試験管には土壌は入っていないことが明らかになった。

関連ニュース

タグ
火星, NASA, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント