04:04 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32
でフォローする

米国は、「アトラスV」ロケット用のエンジン「RD-180」をロシアから購入するのをやめる。ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)のトリー・ブルーノCEOが明らかにした。The Vergeが報じた。

現在、3台または4台の「RD-18」0エンジンが、今後のミッションのために「アトラスV」に搭載されており、さらに一部が在庫として存在している。ブルーノ氏は「我われは事前にRD-180を購入した。したがって、議会が我われに要求したように、私は(ロシアとの)この関係を終わらせ、(ロシアへの)依存から脱却することができる」と説明した

The Vergeによると、米国はロシア製「RD-180」エンジンを計122台購入した。最後の6台は4月に入手した。

ULAは、ロシア製エンジンを搭載したロケットの代替として、ジェフ・ベゾス氏が設立した宇宙企業ブルーオリジンが開発するより安価なBE-4エンジンを搭載した「ヴァルカン」ロケットを米国防総省のミッションのために使用する。BE-4エンジンは、酸素とメタンで稼働する。

「アトラスV」ロケットの販売も停止となり、「アトラスV」の運用は2020年代半ばまでに完全に終了する。

関連ニュース

タグ
宇宙, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント