12:31 2018年07月23日
シャラポワ選手シャラポワ選手

シャラポワ選手、セレーナ選手に嫌われている理由を語る

© Sputnik / Anton Denisov © Sputnik / Anton Denisov
1 / 2
スポーツ
短縮 URL
251

シャラポワは、ウィリアムスが嫌いはじめたのは、2004年のウィンブルドン決勝戦でシャラポワに敗北してからだと指摘。

スプートニク日本

「出来る限り早くそこから逃げ出そうと試みたが、セレーナは私がいたことを聞いてしまったと確信している。ウィリアムスとの試合で私に問題がある理由をみんなはよく聞いてくる(21試合中19敗)。答えはあの更衣室に隠れていると思う。彼女が私を目の敵にし始めたのは、華奢な子どもでいながら彼女に勝ったためだと見ている。けれど何より彼女が私を嫌いになったのは、彼女が泣いている様子を聞いてしまったことだ。」

2004年、当時17歳のシャラポワはウィンブルドン決勝戦でウィリアムスに対し、6-1、 6-4のストレート勝ちを収めた。これは、シャラポワのキャリアの中で初のグランドスラムのトロフィーだった。

シャラポワはメルドニウム使用で15ヶ月の出場停止処分を経てから、今年4月コートに復帰した。

関連記事

シャラポワ選手 怪我でスタンフォード女子テニス協会を退く

ロシアの美しき走幅跳ダリヤ・クリシナに銀メダル! 世界陸上【写真・動画】

タグ
テニス, スポーツ, マリア・シャラポワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント