20:05 2018年10月22日
キム・ウンヒャン選手

北朝鮮選手がドーピング陽性反応も資格停止ならず 五輪

© REUTERS / Brian Snyder
スポーツ
短縮 URL
1110

平昌五輪アイスホッケーで韓国と北朝鮮の南北合同チームのキム・ウンヒャン選手は、五輪のアンチ・ドーピング規則違反にも関わらず、資格停止を免れた。国際アイスホッケー連盟のサイトで発表された。

スプートニク日本

発表によると、北朝鮮からのキム・ウンヒャン選手がドーピング検査で禁止薬物の「ヒドロクロロチアジド」の陽性反応を示した。体内には意図せず入ったという。スポーツ裁判所は資格停止を課さず、選手は五輪参加を許可された。

国際アイスホッケー連盟は、「物質の濃度は極めて低かった」と指摘した。

関連ニュース

タグ
スポーツ, 五輪, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント