20:28 2018年11月15日
エフゲニア・メドベージェワ

メドベージェワ、SP7位 フィギュアGP

© AFP 2018 / Geoff Robins
スポーツ
短縮 URL
0 12

フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズの第2戦スケートカナダのショートプログラム(SP)で、エフゲニヤ・メドベージェワ(ロシア)は7位に終わった。得点は60.83点。転倒が原因で、点数がふるわなかった。

スプートニク日本

メドベージェワはSP7位という結果にコメントした。ロシアメディアが伝える。

「トレーニングと準備体操では全て理想的で、全てがただ最高だった。単に集中を欠いたのだと思う。こうした自信が常にプラスに向かうわけではない。正直に言うと、今季はミスや失敗の準備すらある。私にとって全て新しく、私の身体は新しく、私の意識は新しい。私はこれに慣れる必要がある。トレーニングでは、私がどう成長しているかを誰もが見ていると思う。明日は、私の力の限りの全てを行う。私は戦っていく」

2015年の欧州選手権と世界選手権で優勝経験があるエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が、74.22点をマークして女子シングルのSPで1位に入った。

2位と3位は日本の樋口新葉(66.51)と山下真瑚(66.30)となった。

女子フリーは27日、トーナメント部の最後に行われる。バンクーバーで12月5〜9日に開かれるファイナルでは、GP6大会の上位6人と6組が優勝を争う。

関連ニュース

「彼がここにいて嬉しい」米フィギュア選手がメドベージェワにとって同僚以上の存在に

メドベージェワ ザギトワをあと1年ジュニアにおくべきだった発言を否定

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, エフゲニヤ・メドベージェワ, カナダ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント