16:33 2018年12月13日
エリザベータ・トゥクタミシェワ

「いちばん強い女子フィギュア選手はロシアと日本にだけ」=露選手、NHK杯の印象語る

© AFP 2018 / Martin Bureau
スポーツ
短縮 URL
フィギュアGP第4戦 NHK杯 (15)
0 144

ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワとアリョーナ・レオノワ両選手はフィギュアスケートのグランプリ(GP)第4戦NHK杯を終えて、日本での試合は常にとても嬉しいと述べた。

スプートニク日本

トゥクタミシェワ選手はNHK杯の総合得点で3位となり、日本の紀平梨花選手と宮原知子選手に続いた。

得点の伸び悩みは、得点源であるトリプルアクセルをきれいに決められなかったことが原因だ。しかし、自身は滑りに満足したと述べている。

「日本で滑ることはいつも好きです。なぜなら、ここは悪く滑ることなんて不可能な雰囲気があって、自分から最大限を絞り出したくなります」

大会後、トゥクタミシェワ選手は数百人の日本のファンに会った。写真はツイッターに投稿された。

​ファンの質問に答え、彼女は寿司が大好きだと明らかにしつつ、大会のために広島をあまり旅行できなかったのが残念だと語った。

「(日本で行きたい場所は)全部!この国がとても大好きで、出来る限り多く訪れたい。年金生活に入れば、絶対にそうする!」とツイートした。

​7位に終わったアリョーナ・レオノワ選手はNHK杯のフリー直後にスプートニクのインタビューに答え、日本での演技は一番良かったと語った。

「氷上で感情を全て伝えられたと思う。そして再び、観客のものすごい応援を受け取れた。これはもうすごいです!彼らが叫んで、手を叩いてるのが聞こえてるから、ジャンプしなきゃいけないことを忘れるくらいです」

レオノワ選手のNHK杯参加は偶然の産物。怪我で出場を見送ったエレーナ・ラジオノワ選手の代わりに広島を訪れたのだ。レオノワ選手は入賞しなかったが、鮮やかで感情に満ちた演技を示した。

「何もかもをただ忘れそう。日本にいること、ここで私が愛されていることだけを覚えています。日本にいることがとてつもなく好きです!私のGPが日本になる時は、いつもとても喜んでいます。ショーもここで出演しました。本当に、ここがとても大好きで、演技したくなる一番のお気に入りの場所の1つです」とレオノワ選手は記者団に語った。

レオノワ選手によると、ロシアと日本の選手はフィギュアスケートのリーダーだ。

「一番困難なジャンプを行える強い女子選手がいるのはロシアと日本だけのように感じます。他は誰もリスクに向かおうとしない」

トピック
フィギュアGP第4戦 NHK杯 (15)
タグ
スポーツ, フィギュアスケート, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント