01:11 2020年07月10日
スポーツ
短縮 URL
0 110
でフォローする

ロシア・ケメロヴォ市の11年生、ドミトリー・トロシコフさんが、空手の世界選手権でチャンピオンになったと、同市の行政府のウェブサイトで明らかにされている。

スプートニク日本

トロシコフさんは、東京での大会の90キロ級で優勝した。

​競技会には15カ国から、41の国際スポーツ団体を代表する選手らが出場した。

関連ニュース

ロシア人高校生 日本の情報五輪で金メダル複数を獲得【写真】

タグ
文化, スポーツ, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント