10:14 2019年10月19日
2018年全米オープン優勝の大坂なおみ選手 「セレーナが私に腹を立てていないことを望む」

2018年全米オープン優勝の大坂なおみ選手「セレーナが私に腹を立てていないことを望む」

© AP Photo / Andres Kudacki
スポーツ
短縮 URL
0 10
でフォローする

テニスの日本人プレーヤー・大坂なおみ選手は、改めて彼女がセレーナ・ウィリアムズ選手に勝利した2018年全米オープンの決勝戦を振り返った。大坂選手は、彼女にとってセレーナ選手は子どもの頃からの憧れの選手であり、そのためセレーナ選手が試合で負けたことを恨んでいないことを望んでいると、なんども語った。

ウェブサイト「Punchg」が大坂選手のコメントを引用し次のように報じた。

「こうした状況はすべてあなたが子どもを育てるのとそっくり。子どもはあなたと一緒に成長し、あなたは時々子どもを見つめ、そしてこう言うの、『ああ、私は本当にあなたを誇りに思うわ』って。その後、あなたは台所で料理を作っていると、突然子どもがやって来て、あなたよりもっと上手な料理を用意しはじめる。たぶん、あなたは彼を誇りに思うでしょうが、同時にこのことであなたはもっと働きたいと思うようになる。分からないけど、セレーナが私に腹を立てていないことを望むわ」

2018年9月8日、セットカウント6:2、6:4のスコアで、大坂なおみ選手は米国人テニスプレーヤーのセレーナ・ウィリアムズ選手より強い事を証明した。

関連ニュース

タグ
日本, テニス, スポーツ, 大坂なおみ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント