18:45 2020年01月26日
スポーツ
短縮 URL
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (85)
0 32
でフォローする

ロシア反ドーピング機関(RUSADA)ユーリ・ガヌス事務局長は、2020東京五輪には、過去に反ドーピング違反とされた選手らは出場が認められないと発表した。

ガヌス事務局長は記者団に対し、「『潔白』な選手に関して。現在、五輪には、前大会のように、過去に反ドーピング違反があった選手は出場できない。その場合、平昌五輪のような対応になるのではないかと思う」と語った。

世界アンチ・ドーピング機関(WADA)執行委員会は9日、全会一意で独立コンプライアンス委員会の方針を採択し、今後4年間、五輪とパラリンピックを含む国際スポーツ大会へのロシア選手の参加を除外することとした。ロシアからの参加は「潔白」な選手のみとし、その場合、中立な立場での出場となる。ロシア反ドーピング機関は、世界反ドーピング基準に準拠していないと確認されている。

関連記事

トピック
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (85)
タグ
五輪, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント