17:25 2020年03月31日
スポーツ
短縮 URL
0 10
でフォローする

「日本の総合格闘技はPRIDE(プライド)終了とともにほぼ死んだと言ってもいい。」米国のクイントン・ジャクソン氏(43歳)が、12月29日に予定されるロシアのヒョードル(エメリアネンコ、43歳)氏との対戦を前に27日に東京で行われた記者会見で発言した。

ジャクソン氏はPRIDEが終了し、ある意味日本の総合格闘技は死んだ気がする」と語った。その一方でジャクソン氏は、RIZIN(ライジン)は古いファンを集め、新たなファンも呼べるのではないかと希望を口にした。

対戦相手のヒョードル・エメリアネンコ氏は、両者の年齢など対戦に関する批判は全く気にしていないと打ち明けた。「確かに私たちは年を取っているが、好きなことをやっている。人々はもっと私や他の“オールドスクール”の選手に感謝すべき。若い選手は私たちの試合を見て育ったのだから」と語った。

ヒョードル・エメリアネンコ氏は同じく記者会見で「年齢や古傷は確かに感じるが、耐えるしかない」とコメントした。

「ヒョードルVSジャクソン」戦は12月29日「Bellator×RIZIN」で行われる。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント