18:47 2020年12月05日
スポーツ
短縮 URL
0 30
でフォローする

ラスベガスで開催されたUFC246のメインイベントとして注目を集めたコナー・マクレガー(アイルランド)とドナルド・セラーニ(米国)の戦いが第一ランドで決した。この戦いを制したのはマクレガー選手、セラーニ選手をわずか40秒でノックアウト!これによりマクレガー選手の実績は22勝4敗。一方、敗れたセラーニ選手は36勝14敗。

​マクレガー選手は2018年10月にUFC王者ハビブ・ヌルマゴメドフ選手(ロシア)に敗北を喫して以来の試合。一方のセラーニ選手は15か月ぶりの実戦復帰マッチだった。

​試合前にUFCのダナ・ホワイト会長は、「カウボーイ」こと、セラーニ選手との闘いがマクレガー選手にとって厳しいものになると発言していた。「“カウボーイ”は世界のトップ5入りしている。トップ5を侮ってはならない。UFCでトップ5に入るのは至難の業」とし、マクレガー選手にとっては厳しい戦いになるとの見通しを立てていた。

マクレガーVSセラーニ戦はファンの間で注目を集めていた。UFC246のチケットはわずか数分で完売。1060万ドル(約11億6600万円)の売上げを記録した。

関連ニュース

タグ
格闘技, コナー・マクレガー, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント