13:28 2020年06月05日
スポーツ
短縮 URL
0 319
でフォローする

自転車リードレースシーズンでもっとも権威ある大会「ツール・ド・フランス」が、新型コロナウイルスのパンデミックが収まり始めた韓国で開催される可能性がある。フランス誌『ル・ポワン』が報じた。

同誌によれば、主催者は韓国政府との協議を開始している。協議の主要なテーマは、レースの警護にあたる警察官の確保だという。

大会はソウルでのスタートが予定され、レースプログラムは3週間から2週間に短縮される。

以前、「ツール・ド・フランス」の主催者は、レース開催の最終決定は5月15日までに行われると発表していた。同レースのジェネラルディレクターであるクリスティアン・プリュドム氏によれば、大会を中止する、または無観客で実施するといった案は検討されていないという。

当初「ツール・ド・フランス」は6月27日から7月19日の日程で開催が予定されていた。レースはフランスのニースでスタートを切るはずだった。ニースからパリまでのコースの総距離は3470キロメートルになる。

自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」は1903年から実施されている。

関連記事

タグ
韓国, フランス, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント