03:40 2021年01月26日
スポーツ
短縮 URL
0 11
でフォローする

オリンピック金メダリストの日本の羽生結弦選手が2011年3月の東日本大震災で被災した経験などを伝える「羽生結弦展 共に、前へ」が、東京・渋谷区文化総合センター大和田で16日から開催される。

「羽生結弦展 共に、前へ」のサイトによると、会場では、震災当時16歳だった羽生選手の避難生活の様子や、震災後に被災地を訪問した際の人々との交流が紹介されているほか、震災への思いを込めた羽生選手のプログラムの衣裳などが展示されている。

入場は無料。東京での開催は2020年12月16日から2021年1月17日まで(2020年12月29日から2021年1月3日は閉館)。その後は福岡、宮城、大阪、宮崎で開催予定。

11月末、日本スケート連盟は、12月に長野で開かれる全日本選手権に羽生選手が出場すると発表した。

関連ニュース


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
羽生結弦, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント