13:02 2021年07月25日
東京2020オリンピック
短縮 URL
0 07
でフォローする

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は13日、G7首脳が東京五輪・パラリンピック開催への支持を示したことに謝意を表明した。

英国コーンウォールで開催されたG7サミット後、G7は共同声明で、安全な形で東京五輪・パラリンピックを開催することは「新型コロナウイルスを克服する上で世界的な団結の象徴になる」とし、来たる東京五輪への支持を表明した。

バッハ会長はIOCの公式ツイッターで「G7首脳たちの支持に感謝する。東京五輪が世界的な連帯の精神の下、安全に大会が開催されることを保証するための大きな励みになる」と歓迎した。

​第32回夏季オリンピック東京大会は、2021年7月23日から8月8日に行われる予定。今年3月、今夏の東京五輪・パラリンピックは外国からの観客の受入れを見送ることで正式に決定した。また、国内の観客数上限については、6月の時点での国内のスポーツイベントなどの上限規制に準じて最終判断を行うことで合意している。

関連ニュース

タグ
東京, G7, 国際オリンピック委員会, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント