11:10 2018年12月14日
タイズ市、散会させられる抗議市民

米社会団体 政府に対してイエメンにいる米国人の退避を求める訴訟を起こす

© REUTERS / Anees Mahyoub
米国
短縮 URL
イエメン空爆作戦 (67)
0 15

米国の2つの社会団体が、米国防総省と米国務省に対してワシントンとデトロイトの連邦地方裁判所に訴訟を起こした。

社会団体は、イエメンから退避できない50人以上にかわって訴訟を起こした。

米アラブ差別撲滅委員会と米イスラム関係評議会は、紛争地域から米国市民を避難させるための措置をとるよう政府に求めている。

社会団体は、米国人1人が死亡したにもかからわず、国の指導部が行動を起こさないとして非難している。

これより先、米国務省は、イエメンでの米国人救出作戦について、あまりにも危険であると発表した。

トピック
イエメン空爆作戦 (67)

関連:

ロシア海軍の艦船 イエメンから300人以上を避難させる
アラブ諸国連合軍 ロシアの航空機に対してイエメンへの着陸を禁止する
イエメン南部に軍事作戦の開始以来最も集中的な爆撃
国連安保理、4日に会合を開きイエメン情勢を討議
タグ
イエメン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント