16:21 2017年09月20日
東京+ 24°C
モスクワ+ 12°C
    ロシア航空隊がシリア領内「イスラム国」陣営にピンポイント攻撃

    米上院議員、露米軍部の会談で相互信頼構築に好スタート

    © 写真: Ministry of Defence of the Russian Federation
    米国
    短縮 URL
    0 78680

    米露両軍がシリア上空での衝突を避けるための話し合いは両国の相互信頼を構築するため良いスタート地点となる。トム・ティリス米上院議員はラジオ「スプートニク」からのインタビューにこう語った。

    10月1日、露米の軍部代表らは、シリア上空で両国が行動した場合、発生の危険性のある衝突場面を回避するための初の会合を持った。

    「我々はある種の相互信頼、確信を構築せねばならない。そしてこれはそれを行うための良い機会だ。とはいえ、道のりはまだ長い。」ティリス時上院議員は1日の軍部の会合についてこうコメントした。

    ロシアは9月30日、シリア政府の招きで「イスラム国(IS)」への空爆を開始した。

    米国防総省アシュトン・カーター長官は部下に対し、シリアで紛争を招きかねない事態や両国の軍部の故意ではない衝突を避けるためにロシアとの交渉を開始するよう命じた。

    タグ
    露米関係, シリア, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント