13:12 2018年12月12日
F-35戦闘機

米空軍戦闘機にレーザー装備へ

© AP Photo / Rick Bowmer
米国
短縮 URL
11311

米空軍研究所は、敵が発射したミサイルを撃墜するため、超音速航空機に中出力のレーザーを搭載する計画。英フライトグローバルが伝えた。

フライトグローバルによると、レーザーが搭載されるのは戦闘機F-35ライトニングIIとF-22、また今後開発される軍用機。

最新システムの実験は、2016年に研究所で行われ、広範な実験は2021年に実施される見込み。

伝えられたところによると、レーザーの出力は数十キロボルトに達する。

レーザー兵器の主な課題は、敵が地上から発射した地対空ミサイルや、空対空ミサイルを撃墜すること。レーザー装置は、亜音速から超音速の範囲で稼働するものとなる予定。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント