21:52 2019年06月24日
「ファルコン9」「ファルコン9」

打ち上げロケット「ファルコン9」5度目のトライでスタート (動画)

© REUTERS / Joe Skipper © REUTERS / Mike Brown
1 / 2
米国
短縮 URL
0 12

ケープカナベラル発射場(フロリダ州、米国)から通信衛星SES-9搭載の打ち上げロケット「ファルコン9」がスタートした。これまで、天候や技術的な理由のため、4回延期されていた。

現在までに衛星は正常に軌道に投入されている。

しかし、米国企業SpaceX社は、再利用に向けた保存のために、ロケットの第一段目の下降を制御することに失敗した。イーロン・マスク社長によれば、ロケットの第一段目は大西洋上のプラットフォームにハードランディングした。再利用は不可能だという。

軌道に投入されたSES-9衛星はボーイング社製で、北東アジアとインドネシアならびにインド洋上の船舶の通信を助けるもの。

 

関連:

宇宙飛行士 月の裏側で奇妙な音を聞く
宇宙の音:ブラックホールやオーロラはどのような音がするのか?
ロシア人学者 宇宙ごみ対策に核兵器を使用することに反対
宇宙フォト・ニュース
タグ
ロケット, 宇宙, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント