21:36 2018年11月20日
米国 ロシア上空を監視飛行

米国 ロシア上空を監視飛行

© 写真: Konstantin Nikiforov
米国
短縮 URL
136

4月4-9日まで米国の査察官がオープンスカイ条約の枠内でロシア上空を監視飛行する。国立核リスク削減センターのルィシコフ所長が明らかにした。

ルィシコフ所長によると、ロシアの専門家たちも監視飛行を行う航空機に乗り込み、合意されたルートを飛行する過程で条約によって規定された監視装置の使用や合意された飛行基準が厳格に順守されているかを監視する。

1992年に調印されたオープンスカイ条約は、欧州安全保障協力機構(OSCE)の枠内における軍備管理、危機の防止や解決を目的としている。

タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント