09:32 2020年09月23日
米国
短縮 URL
1210
でフォローする

米国では、ウクライナへのクリミア返還についてのテーマはもう真剣に議論されていない。米上院外交委員会のメンバーのロバート・ メネンデス氏(民主党)が述べた。

メネンデス氏は、「我々はもうクリミアについて話していない。私はこれはもう過去のものになったと考えている」と述べた。通信社スプートニクが伝えた。

メネンデス氏によると、国務省や国防総省の代表者らが参加する公聴会で、米国の懸念を呼んでいる別の問題と比較した場合、クリミア情勢についての問題は事実上議論されなかったという。

クリミアとセヴァストーポリは2014年3月の住民投票の結果、ロシアの構成体に加わった。クリミアの住民96.77パーセント、セヴァストーポリの住民95.6パーセントがロシアとの再統合を支持した。

タグ
ロシア, クリミア, ウクライナ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント