08:55 2020年04月06日
米国
短縮 URL
5331
でフォローする

内部告発サイト「ウィキリークス」のサイトで、米大統領選挙・民主党のクリントン候補の選挙運動責任者、ジョン・ポデスタ氏の個人メールの一部が、初めて公表された。

報道によれば、公表されたメールは全部で2060通。

メールの中では、シリア紛争及び「ダーイシュ(IS,イスラム国)」との戦いにおけるトルコの役割や核エネルギー問題、有用鉱物採掘事業からクリントン財団への寄付に関するものなどが含まれている。

リア-ノーヴォスチ通信の報道によれば、公表されたメールの中では「イランは、トルコと米国にとって『統一テーマ』になる可能性がある」と強調されている他「ロシア、イランそしてシリアのアサド大統領は、トルコ・米国両国の安全に脅威を与える存在だ」と述べられている。

なおクリントン候補の選挙本部は、公表されたメールが本物であるとは認めていない。

関連:

オバマ氏、クリントン氏に投票するようアフリカ系米国人を促す
ヒラリー・クリントン氏 ニューヨークで安倍首相と会談
タグ
ヒラリー・クリントン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント