05:36 2018年12月18日
オバマ大統領、共和党員が「民主党員よりプーチン大統領を信用」と懸念

オバマ大統領、共和党員が「民主党員よりプーチン大統領を信用」と懸念

© AFP 2018 / Luka Gonzalez
米国
短縮 URL
4222

オバマ大統領は、共和党員が民主党員よりプーチン大統領を信用しているとの懸念を示した。

「ロシアは選挙に介入しようとして、実際に介入した。私が懸念していることの1つは、仲間の米国人が民主党員だからという理由で、仲間よりもプーチン大統領をより信頼しているように思われる共和党員や専門家、テレビのコメンテーターが出席している解説が、最近良くみられることだ」とABCテレビのインタビューを受けたオバマ大統領は述べた。

オバマ大統領は「そんなことはあってはならない」とした上で「われわれはみな同じチームにいるが、プーチン大統領はわれわれのチームにはいない」と主張した。

先に米国家安全保障局(NSA)や中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)といった米国の情報機関が米大統領選挙への「ロシアの介入」についての報告書を公開した。情報機関は、ロシアがいわくトランプ氏選出を試んだと主張したが、証拠を出すことはなかった。

関連:

アサンジ氏、オバマ政権のロシア攻撃の理由を明らかに
クレムリンの極東政策とトランプ・ファクター
タグ
ウラジーミル・プーチン, バラク・オバマ, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント