10:33 2020年04月01日
米国
短縮 URL
2298
でフォローする

トランプ次期米大統領は、戦闘機F35の使用を軍に放棄させるべきだ。雑誌「ナショナル・レビュー」の時事解説者は、このような見方を表した。

解説者は、戦闘爆撃機F35はすでに不必要なものとなり、将来性のないプロジェクトになっていると強調した。また解説者は、F35の近代化は不可能であるため、F35の使用を拒否するべきだとの確信を示している。

F35は、飛行安全システムと戦闘の質で同様の外国機よりはるかに劣っている。F35のエンジンは頻繁に故障するため、飛行中や戦闘任務の実行中に事故を起こしかねない状況を引き起こす。

解説者は、軍事専門家らが質的に新しい爆撃機を開発する米空軍を向上させるための新プログラムの始動をトランプ氏に呼びかけた。

先にトランプ氏がF35開発プログラムを痛烈に批判したと報じられた。

関連:

米軍、新型不足で戦闘機30機が「墓場」から復帰
独フォークス誌:米戦車のドイツでの展開に独政治家は憤慨
タグ
アメリカ軍, ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント