07:20 2017年03月23日
東京+ 6°C
モスクワ+ 7°C
    F/A-18 Hornet

    米海軍戦闘機の多くは飛べない、メディアが明らかに

    © Flickr/ Peter Gronemann
    米国
    短縮 URL
    27686278

    米海軍の艦上戦闘機「F/A-18」と「F/A-18E/F 」の約3分の2(62%)は飛べない。米軍事専門紙「ディフェンスニュース」が報じた。

    同紙のデータによると、現在27%の戦闘機がメンテナンスを受けており、35%が必要な部品を待っている。このような状況の主な理由は兵器修理のための資金不足と関係している。

    米海軍が発表したところ、現在、海軍に所属する航空機53%(1700機)は飛ぶことができない。この数字は戦闘機や哨戒機、輸送機やヘリコプターを含んだもの。

    米海軍報道担当によると、この状況の解決には予算増加が必要だとした上で、第一に必要なのはメンテナンス資金であって新たな船の建造費ではないと指摘した。

    先にトランプ大統領は多機能ステルス戦闘機F-35の製造プログラムが非常に高額であることを痛烈に批判した。

    タグ
    武器・兵器, アメリカ軍, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      brains
      アメリカ🇺🇸だけでなく、中国🇨🇳やロシア🇷🇺も資金的に厳しいところだろう。しかし、考えようによっては良いことだ。どの国も戦費不足のために戦争が出来ない状態であるのだから。
    • avatar
      HopeRJ
      又その中古戦闘機を日本に売り付けないでネ!
      日本国民の年金はドンドン削減されてるし+支給年齢は75才~と切り上げられるし;
      子供家庭の貧困は増えるし; 真面目に生きてる人達の貧困が増加;
      悪事を働く人は出世して収入増えてる 今の日本;善と悪がひっくり返った構造が成立してる! 異を唱えると裏悪事ネットワークの妨害にあったり;日常生活に支障をきたす工作されたり; 異常に歪んだ日本になっちまった; 

      日本の顔した売国奴政治家達に 売り付けるのは辞めてほしい!
      苦しんでるのは 国民の善者達・・・;
    新しいコメントを読む (0)