08:41 2019年08月23日
マイクロソフト

Microsoft 「ユーザーはNSAのスパイプログラムから守られている」と明言

© AFP 2019 / FRED DUFOUR
米国
短縮 URL
4212

米国のワシントン州に本拠を置くソフトウェア開発・販売会社マイクロソフト(Microsoft)は「最近更新した同社のソフトのユーザーは、米国家安全保障局(NSA)のスパイプログラムからしっかりと守られている)と断言した。なおNSAが監視活動に使ったとされるハッキングツールについては、先日流出した情報により明らかとなった。

スプートニク日本

マイクロソフト社の出した声明の中では、次のように述べられている-

「公表された脆弱性の大部分は、我が社の刷新されたソフトの中では、払拭された。マイクロソフトの製品は、ハッキング用の9から12のプログラムから生ずる脅威からしっかりと守られている。このプログラムに関する情報は、インターネットに流出した。残った3つのプログラムは、マイクロソフトの古いタイプの製品を標的にしたものだ。これらの製品については、もう開発者はサポートしていない。」

先にShadow Brokersと名乗るハッカーグループは、ある情報が流出し、NSAがそれを利用したと伝えた。Shadow Brokersによれば、これらのプログラムは、マイクロソフト製造のWindowsのオペレーション・システム管理のもとで作動するコンピューターのハッキングを目的としたものだった。

先の報道では、ウィキリークスはCIAによるハッキングの実態を暴露する秘密資料「Vault 7」の新たな部分を公開した。

タグ
Microsoft, NSA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント