03:02 2018年02月19日
東京+ 2°C
モスクワ-3°C
    米国女性飛行士が535日間宇宙滞在し、米国宇宙滞在記録更新【写真・動画】

    米国女性飛行士が535日間宇宙滞在し、米国宇宙滞在記録更新【写真・動画】

    © REUTERS/ Maxim Zmeyev
    米国
    短縮 URL
    0 20

    24日、米国の女性飛行士ペギー・ウィットソン氏の通算宇宙滞在日数が535日目に入り、米国の最長記録を更新した。

    スプートニク日本

    このことに対し、トランプ米大統領がステーションとホワイトハウスを電話回線でつなぎ、トランプ大統領が「米国の宇宙飛行の輝かしい歴史だ」と祝意を述べた。共同通信が報じた。

    ウィットソン氏は「とても光栄です。私にこの役目を与えてくれた米航空宇宙局(NASA)のおかげです」と喜びを語った。

    昨年11月にウィットソン氏はが3回目のステーション長期滞在を開始。4月には女性としては初となる2回目の船長に就任した。

    NASAによると、宇宙滞在の歴代最長記録はロシア人飛行士ゲナディ・パダルカ氏の879日。

    タグ
    宇宙飛行士, 宇宙, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント