14:44 2017年10月17日
東京+ 14°C
モスクワ+ 7°C
    CNN記者3人 トランプ大統領とロシアの関係についての偽記事で退職

    CNNの主要従業員ら フェイクニュース騒動で辞職

    © AP Photo/ Peter Morgan
    米国
    短縮 URL
    33061282

    CNNの正社員3人が辞職した。トランプ大統領とアンソニー・スカラムッチ氏の、ロシア直接投資基金との関係についてとされていた記事をめぐるスキャンダルの波が背景にある。CNNが報じた。

    スプートニク日本

    CNNは、「『CNN.com』に掲載されたストーリー削除後、CNNはこの公開に関係していた社員らの辞職を受け入れた」と発表した。

    ヤフーニュースは記者の1人ハリス氏の次の発言を報じた。

    「CNNは金曜日、私のチームが公開したストーリーを破棄。このチームの編集長として、私は辞職する…私は2001年からCNNとともにあり、1つのことを確信している。それは、ニュースの職務は正確さと正しさが何よりも大事だということ。私は去るが、この原則をどこに行っても抱えていく。」

    CNNは削除した記事の中で、匿名の議会関係者の情報として、上院情報委員会がアンソニー・スカラムッチ氏とロシア直接投資基金の関係を調査していると伝えた。特に、トランプ氏の「大統領就任式のわずか4日前」にスカラムッチ氏と基金の責任者が会い、対ロシア制裁の解除について話し合ったとされた。記事に多くの事実誤認が含まれていたのは明確だ。

    記事削除後、CNNはスカラムッチ氏に謝罪した。

    CNNが掲載したロシアについてのフェイク記事が理由で辞職したのは3人。うち2人はピューリッツァー賞をノミネートした、記事の作者トーマス・フランク氏と調査部編集者のエリック・リットブラウ氏。もう1人の辞職者はCNN調査ユニットのエグゼクティブ・ディレクターであるレックス・ハリス氏だ。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント