14:00 2018年08月15日
軍需製品メーカ「レイセオン」

米国で移動型レーザー砲が公開される【動画・写真】

© 写真: Raytheon Company/Alex MacNaughton
米国
短縮 URL
328

米国の軍需製品メーカ「レイセオン」が、ユニークなレーザーシステム「HELWS-MRZR (High Energy Laser Weapon System Multi-spectral Targeting System)」を製造し、ドローンを遠隔操作で破壊する様子を公開した。ポピュラーメカニクス誌が伝えた。

スプートニク日本

動画には、ドローンの4つのローター(プロペラ)のうち1つを支えていたブラケットをレーザーが焼き、ドローンが落下する様子が映っている。

レイセオンが公開した移動式システムは、レーザー砲HELWS-MRZR、監視機器、レーザー砲を最大30回発射できる電源が設置された全地形対応車ポラリスMRZR ATV。

なおエンジニアたちは、現在のところ動く標的を破壊するためにはポラリスMRZR ATVを停車させる必要があるため、移動中にも稼働できるようにする計画。

ポピュラーメカニクス誌によると、米軍は今年12月にHELWS-MRZRのテストに着手する予定。

関連ニュース

中国、対テロレーザー砲を開発

米国のレーザー兵器:成功ではあるが、効果はきわめて限定的

タグ
軍事, テクノ, 武器・兵器, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント