19:15 2017年11月21日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    米国土安全保障長官代理「ダーイシュが新たな9.11を準備」

    米国土安全保障長官代理「ダーイシュが新たな9.11を準備」

    © AP Photo/ The New York Times, Chang W. Lee
    米国
    短縮 URL
    3103518

    デューク米国土安全保障長官代理が、「ダーイシュ(IS、イスラム国)」などのテロ組織が2001年9月11日の米同時多発テロに似た新たなテロを実行しようとしている、と述べた。

    スプートニク日本

    英タブロイド紙「デイリー・メール」によると、デューク氏はロンドンの米大使館で、「かつて9月11日に実行したようなテロを、ダーイシュや他のテロ組織が新たに実行しようとしている。諜報機関の情報では、彼らが飛行機の撃墜を計画していることは明らかだ」と語った。

    デューク氏によると現在ダーイシュは移行期にあり、収入を確保し、組織の存在を示し続け、メンバーの数を維持しなければならないため、小規模な陰謀を企てているという。

    その一方でデューク氏は、米情報機関がテロ防止のためにとる手段については明言を避けた。

    2001年9月11日、米国でテロ組織「アルカイダ」の自爆テロリストらが4機の旅客機をハイジャックし、そのうち2機を世界貿易センタービルに突入させ、1機は国防総省に激突した。最後の1機はおそらくホワイトハウスあるいは議会議事堂に向かおうとしたとみられている。この「9.11」で消防士343人と警察官60人を含む2977人が犠牲となった。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント