06:36 2017年11月20日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    米国の爆撃機B-52

    米核爆撃機 過去26年で初めて臨戦態勢か

    © REUTERS/ U.S. Air Force/Tech. Sgt. Terrica Y. Jones
    米国
    短縮 URL
    0 1642989

    米空軍が1991年以来初めて、核兵器を搭載可能なB-52戦略爆撃機を臨戦態勢に置き始めた。「Defense One」がデービッド・L・ゴールドファイン米空軍参謀総長(空軍大将)の話として伝えた。

    スプートニク日本

    ゴールドファイン氏は、「B-52を24時間態勢で臨戦状態に置くようにとの公式命令はまだ受けていないが、それに向けた準備は既に行われている」と語った。

    ゴールドファイン氏によると、世界には「核兵器の使用を公然と主張する人々が存在するため、警戒を怠らず、事態が展開する様々な可能性に対応できる新たな方法を常に考えだすことが重要だ」と指摘した。

    さらに、「もはや現在の世界は、米国とソ連しかいなかった2極体制ではない。潜在的核戦力を持つ他のプレーヤーも複数存在する」とも述べた。

    ゴールドファイン氏は、米国と衝突する可能性がある「潜在的核戦力を持つ他のプレーヤー」の具体的な国名については明言しなかったが、「Defense One」は「北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の急速に発展する核戦力やトランプ米大統領の北朝鮮に対する対決姿勢」に言及している。

    「ボーイングB-52ストラトフォートレス」は米国の第2世代戦略爆撃機で、1955年から米空軍に配備されており、様々な性能を備え超長距離を飛行できる。

    関連ニュース

    北朝鮮団体、米韓合同演習を「布告なき戦争」と非難 「米本土の焦土化」を警告

    タグ
    核兵器, 武器・兵器, アメリカ軍, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント