20:27 2018年10月21日
米軍機の飛行をロシアが遮断 「安全性に欠ける」行為と米国防総省が非難

米軍機の飛行をロシアが遮断 「安全性に欠ける」行為と米国防総省が非難

© AP Photo / Sang Tan
米国
短縮 URL
1610

ロシアの戦闘機SU-30が11月25日、黒海上空を飛行していた米軍の哨戒機P-8に対して行った遮断行為について米国防総省のミッシェル・バルダンズ公式報道官は「安全性に欠ける」ものだったと非難する声明を表した。CNNテレビが28日、声明を引用して報じた。

スプートニク日本

バルダンズ報道官は「米軍機は国際的な空域を飛行していたのであり、ロシア側にこうした行為を呼び起こすようなことは何もしていない」と述べ、ロシアの遮断行為は「安全性に欠ける」ものだったと非難した。
ロシア航空宇宙軍はNATO諸国の軍機の随伴飛行、遮断を定期的に行ってきている。ロシア国防省は国境付近で目撃された外国の軍機に関する統計を毎週発表している。

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント