01:59 2018年12月12日
E-4B ナイトウォッチ

「最後の審判の飛行機」改良へ 米【写真】

© 写真: USAF photo/Tech. Sgt. Jerry Morrison/Public domain
米国
短縮 URL
119

米国防総省は「最後の審判の飛行機」としても知られる「ボーイングE−4B」の近代化に着手する方針だ。RTが報じた。

スプートニク日本

E-4Bの「核・通信システム」の更新が行われる予定。改良作業はトップシークレットで行われる。

1 / 2
E-4B ナイトウォッチ

E-4Bは、核戦争などで地上の指揮系統が破壊されたり損傷した場合に司令塔として機能し、米大統領や国防長官、指揮幕僚などを搭乗させる。

空中給油を行うことで同機は1週間飛行し続けることができる。

E-4Bに搭載されている機器は核爆発による電磁パルスから保護されている。

関連ニュース

米国が航空機「最後の審判」を発進【写真】

タグ
飛行機, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント