01:07 2018年07月19日
サイバー(イメージ)

米サイバー軍、先制サイバー攻撃の許可得る=NYタイムズ

© Fotolia / Uli-B
米国
短縮 URL
107

米トランプ政権は同国サイバー軍の権限を強化した。今では同軍はサイバー攻撃を事前に無力化するために日単位で海外ネットワークを襲撃することができる。ニューヨーク・タイムズが新たな戦略文書と高官の話を基に報じた。

スプートニク日本

以前サイバー軍はサイバー攻撃からの防衛が中心で、自ら攻撃することは稀だった。だがトランプ氏が2017年8月、サイバー軍を独立した構造に変革するよう指令を出し、地位と権限が拡大された。

ニューヨーク・タイムズ紙は、新戦略は「海外のコンピュータネットワークにおける戦争手前の絶え間ない破壊を想定している」と指摘する。米軍のハッカーは現在、「危険な敵対的行動が国家の力を損なう前に対抗する」必要がある。

サイバー空間における米国の敵には中国、北朝鮮、ロシアが含まれる。同紙が指摘するところ、サイバー軍の権限拡大の一因は、2016年米大統領選挙中に米ネットワークにロシアが侵入したことに起因する。

関連ニュース

タグ
びっくり, 軍事, テクノ, ハッカー, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント