06:40 2018年10月24日
WADA告発者ロドチェンコフ氏【アーカイブ写真】

WADAに情報提供したロドチェンコフ氏、ワシントンで自殺を図る=消息筋

© Sputnik / Valeriy Melnikov
米国
短縮 URL
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (61)
0 54

世界アンチ・ドーピング機関(WADA)にロシアのドーピング問題を告発したグリゴリー・ロドチェンコフ氏が、米ワシントンで命を絶とうとした。警察筋がリア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

スプートニク日本

消息筋は「グリゴリー・ロドチェンコフ氏が6月19日、米連邦捜査局(FBI)がコロンビア特別区で同氏のために借りたワシントンのアパートで自殺しようとしたという情報が入った」と語った。

消息筋によると、バイアスロン選手3人による3000万ドルの支払いを求める訴えが原因の可能性もあると見られている。

モスクワ反ドーピング研究所の元所長グリゴリー・ロドチェンコフ氏が、世界反ドーピング機関(WADA)にロシアでの大規模な禁止薬物の使用について発言した後に勃発したスキャンダルに関連し、ロシア代表チームは韓国で開かれる平昌冬季五輪に完全なメンバーで参加しなかった。 ロシアの選手たちは、「Olympic athlete from Russia」と書かれたユニフォー ムを着用し、中立の旗のもとで出場した。

関連ニュース

WADA告発者ロドチェンコフ氏 ロシアへのドーピング非難を否定

IOC委員「メルドニウムはアスピリンのようなもの、与太話はやめる時期」

トピック
ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル (61)
タグ
スキャンダル, スポーツ, 五輪, FBI, WADA, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント