00:04 2018年10月24日
米国軍

敵陣での拡散用に「しゃべる紙」を開発 米軍【写真】

© AP Photo / Petr David Josek
米国
短縮 URL
0 02

米特殊作戦軍が民間人と敵軍人用に短い音声メッセージを送ることができる紙の試作品を開発した。

スプートニク日本

試作品は通常より4倍の厚さを持つ紙のような見た目で、マイクロ回路を搭載している。紙には応答機も搭載されると見られる。サイト「Defense One」が報じた。

この紙により将来的に、敵がコントロール下に置く地域へと30秒の音声メッセージを届ける計画だ。メッセージは投降や逃亡させるため、民間人や軍人に向けられる可能性がある。

​特殊作戦軍は現在、このプロジェクトを実現できる企業を探している。こうしたコンセプトの道具はこの10年間多く開発されていると同サイトは指摘。だがグラフェンなどの新しい素材や技術により、こうした道具の製造が簡素化できる。

関連ニュース

米軍に弾薬切れのリスク=米国防総省

米軍、ペイントボールライフルで武装へ

タグ
武器・兵器, アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント