19:04 2018年09月19日
避妊アプリ(アーカイブ写真)

避妊アプリ、米FDAが初めて承認

CC0 / Pixabay
米国
短縮 URL
0 12

米食品医薬品局(FDA)がスマホアプリ「Natural Cycles」を望まない妊娠を予防する医療機器として承認した。欧米の国家機関が臨床効果を初めて認めた避妊アプリとなった。

スプートニク日本

価格は年間79.99ドル(約8800円)で、すでに90万人がインストール。月経周期に基づくリズム法に加え、利用者が毎朝測定して小数点まで入力する体温データを基にアルゴリズムで妊娠の可能性を測定する。年間利用の場合は高精度の体温計が含まれる。開発会社はすでに米国での事業拡大に向けて3000万ドルを獲得した。ビジネス・インサイダーが報じた。

​臨床実験には1万5500人の女性が参加したとFDAは伝える。「理想的な使い方」の場合はエラーレートは100%中1.8%。つまり、同アプリを利用者100人のうち1年間で妊娠する可能性があるのは1.8人。「通常の使い方」ではエラーレートは6.5%に増加。

比較すると、コンドームの避妊失敗率は2〜18%で併用経口避妊薬の場合は0.3〜0.8%。デジタル避妊の利点は、副作用がないことだ。

関連ニュース

タグ
びっくり, セックス, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント