17:46 2018年12月12日
米国で、ソ連を全面的に破壊する計画が明かされるм

米国で、ソ連を全面的に破壊する計画が明かされる

© Fotolia / Kremldepall
米国
短縮 URL
2514

米国は1960年代に主要な工業大国としてのソ連を全面的に破壊する計画を準備し、その際に米軍はソ連市民を大量虐殺する可能性を検討した。非営利団体「米国家安全保障アーカイブ」のホームページに掲載されたレビューの中で述べられている。

スプートニク日本

これは1964年の単一統合作戦計画(SIOP)に関するもので、これは米軍による核兵器の戦闘使用の詳細を規定した特に機密性の高い文書。

同文書では特に、ソ連の産業ポテンシャルの70%を破壊する必要性について述べられている。その際、米国は大勢の民間人が死亡する可能性を認めた。

1961年の推定では、SIOPの攻撃でソ連市民71%を殲滅、1962年の推定ではソ連市民およそ7000万人の死亡を前提としていた。

なお核攻撃の2つ目の標的は、中国と指摘されている。

関連ニュース

爆心地間近で撮影された米核実験の動画が公開される

リーク、挑発、即時非核化の神話 北朝鮮との和平プロセス「埋葬」を米国で望んでいるのは誰か?

タグ
ソビエト連邦, 核兵器, 第二次世界大戦, 武器・兵器, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント