04:59 2019年11月20日
同性愛者

米アラバマ州の市長 性的少数者は「皆殺し」に

© REUTERS / Jose Cabezas
米国
短縮 URL
0 37
でフォローする

米南部アラバマ州の小都市カーボンヒルのチェンバース市長が最近、同性愛者や性同一性障害(性別不合)の人々などを「皆殺し」にしなければならないとフェイスブックに投稿し、問題となっている。この投稿は後に削除されている。地元のWBRCテレビをもとに英BBC放送が4日に伝えた。

スプートニク日本

WBRCテレビによると、チェンバース市長は投稿で「同性愛者」や「服装倒錯者」、人工妊娠中絶の権利を擁護する人々を指すとみられる「赤ん坊殺し」、そして「社会主義者」をひとまとめにし、「我々は、同性愛者が道徳について講釈を垂れ、服装倒錯者がヒト生物学について講釈を垂れ、赤ん坊殺しが人権について講釈を垂れ、社会主義者が経済学について講釈を垂れる、そのような社会に生きている!」と主張。また、投稿に寄せられたコメントに対し「それ(現在の状況)を変える唯一の方法は、この問題を一掃するというものだろう。こう口にするのは悪いことだとは分かっているが、彼らを皆殺しにしない限り、それを修正する方法はない」と返信したという。

ある人権団体は、市長の言葉について「恐ろしく、非良心的で、容認できない」ものだとし、市長の辞職を求めているという。

関連ニュース

タグ
米国, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント