12:47 2019年08月23日

米国空軍 F-35Aにかわる第6世代新型戦闘機の開発を断念する可能性

© AP Photo / Mindaugas Kulbis
米国
短縮 URL
0 71

無人戦闘機開発計画であるNext-Generation Air Dominanceプログラム(NGAD)での米戦闘機は、当初専門家や航空愛好家たちが予想していたものとはまったく違うものとなる可能性がある。

NGADのもと、長い時間、F-22F-35Aといった戦闘機の代替が検討されると理解されてきた。当初の専門的評価では、原則的に新しいプラットフォーム、つまり第6世代の戦闘機の検討がされる可能性があった。新しい戦闘機は、既存の戦闘機よりも高い飛行機能を持ち、ステルスで多機能を備えたものになると予想されていた。

現在、米国防総省の公式サイトは、NGADプログラムに関する興味深いディテールを公開している。米空軍指導部によれば、当局がNext-Generation Air Dominanceと呼ぶプログラムの発展には、まったく新しい航空機は必要ない可能性がある。

デイビッド・A・クラム空軍少将は、NGADプログラムの目的は米国の制空権を維持することであり、その場合、新しい戦闘機の製造はまったく必然性がないと考えている。クラム少将は、「これは物ではなく、プラットフォームでもない」と指摘し、「NGADプログラムは、我われが必要とするものを発見し、わが国が空の領域で優位性を保つことを保障するために共に機能するネットワークシステムである。それは1つではなく、たくさんの事が関連する」と語った。

クラム少将によれば、NGADプログラムはすべての軍事ユニットと他の軍事ユニットが情報を交換することを可能にする。そこには空や地上、海上、宇宙、サイバースペースも含まれる。

この発言に基づけば、F-22やF-35、またその前の第4世代といった既存の戦闘機の機能の拡大が検討されると予想される。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, 軍事, 米国, アメリカ軍, F-35
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント