05:04 2019年12月06日
米軍事

多くの米国人が他国への軍事介入を容認=アンケート調査

© AFP 2019 / Natalia Dobryszycka
米国
短縮 URL
0 116
でフォローする

米国人の4人に3人は、他国で人権侵害や自由への制限が発生した場合、米国が各国に軍事介入することを容認している。ロナルド・レーガン大統領財団が実施したアンケート調査を引用して「ミリタリー・タイムズ」が発表した。この調査では外国に駐留する米軍の削減を認めたのは回答者のわずか28%だった。

「ミリタリー・タイムズ」によれば、アンケート調査の考案者は、回答した多くの米国人のうち86%が米軍に確信をもち、その際、76%が軍事費の増額を支持していると指摘した。

回答者の大部分は、米国政府は外交政策をより積極的に行うべきと考えている。

回答者の76%は米国にとって直接的脅威であるかに関わらず諸外国で米軍の軍事力を活用することを認めている。

また65%は外国での軍事基地ネットワークの維持に賛同を表している。

「ミリタリー・タイムズ」によれば、米国領土外での米軍駐留の削減を求めたのは回答者のわずか28%だった。

タグ
軍事基地, 軍事, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント