02:10 2020年09月25日
米国
短縮 URL
0 01
でフォローする

米国防総省は12日、同日に行ったミサイル実験について、ミサイルの飛行距離は約500キロ以上に達した、と発表した。

先に米国はこれまで中距離核戦力全廃条約(INF全廃条約)で禁止された地上ベースの非核中距離弾道ミサイルの実験を実施したことが明らかになった。実験は太平洋標準時間で2019年12月12日の午前8時30分頃(日本時間13日1時30分)に、カリフォルニア州ヴァンデンバーグ空軍基地代表で実施された。

米国は8月18日、同意によって禁止された巡航ミサイルの実験を行った。米国防総省はその開発は2月に開始したことを公表している。

タグ
ミサイル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント