06:51 2020年03月30日
米国
短縮 URL
0 02
でフォローする

米国の軍需製品メーカー「レイセオン」は米国国防省から中距離空対空ミサイル(ARAAM)の生産を受注した。同省公式HPで発表された。契約額は7億6800万ドル(約844億8千万円)

ミサイルの生産はアリゾナ州ツーソンで行われる。完了は2023年2月28日と推測されている。同省HPの情報によると、契約金額の1/2はポーランド、サウジアラビア、トルコなどの同盟国への兵器販売で賄われるという。

米国はこの夏、ロシアとの中距離核戦力全廃条約(INF条約)を破棄した。米国側はこれを、ロシアが禁止ミサイルを製造していることを理由としている。

12月に米国は、これまでINF条約で禁止されていたミサイルの実験を行った。

関連記事

 

タグ
ミサイル, アメリカ軍, 軍事, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント