18:52 2021年01月19日
米国
短縮 URL
0 02
でフォローする

米国の2019年の大量殺人事件は40件を超え、この50年で最高記録となった。米国大衆紙「USAトゥデイ」が伝えている USA Today。

AP通信、USAトゥデイ、ノースイースタン大学がまとめたデータベースによると、2019年に米国で起きた、犠牲者数が4人以上の大量殺人事件は41件だった。そのうち33件で犯人が銃器を使用していた。今年の犠牲者総数は210名となった。

USAトゥデイの報道によると、これら殺人事件の大半は公共の場で行われていないため、全国レベルで報道されていないという。

殺人事件の大半は家庭内のいざこざ、麻薬、強盗が原因で起きている。またこれら殺人事件では、何らかの不満を持った人物が怒りを同僚や家族に向けたケースがよく見られる。原因が明確にされないケースも多い。

これまで大量殺人事件数の最高は2006年の38件だった。

関連ニュース

大量殺人計画の疑いで女子中学生2人が逮捕

タグ
事件, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント