00:28 2020年05月26日
米国
短縮 URL
0 71
でフォローする

米軍は、グアムに展開していた戦略爆撃機について、米本土からの運用に切り替えると発表した。日本のマスコミが報じた。

読売新聞によると、米軍は2004年から「中国やロシア、北朝鮮を念頭にB52やB1などの戦略爆撃機をグアムに配備してきた」。

しかし、米軍は「戦略爆撃機を米本土に常駐配備させつつ、必要に応じてより広範な海外の拠点から弾力的に展開させていく方針に変更した」。産経新聞が報じた。

これは、米軍が世界で進めている「動力的戦力運用構想」の一環だという。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント