05:53 2020年08月15日
米国
短縮 URL
0 22
でフォローする

米上院議員らが、「スパイから米国を保護する法案」を議会に提出した。 29日、法案を提出した1人、マルコ・ルビオ上院議員(共和党・フロリダ州)のサイトで発表された。

同法案は、米国に対して「スパイ活動を行った」または米国が知的財産の盗難に関与したと考える「人物のビザを米国務省が拒否することを可能にする」という。一方、法案では、必要な場合にはこれらの制限を放棄する可能性が規定されている。

ルビオ氏の発表では、「現行の法律によると、米国から追放された中国共産党のスパイは(新しい)ビザを即時に申請することができる」と説明されている。法案はこのようなことが行われないようにするため、移民法の改正を提案している。

​プレスリリースによると、ルビオ議員は議会への法案提出を受け、「在ヒューストン中国領事館は、米国の安全保障と民主主義を損ねるための中国共産党のスパイ活動の中心的拠点となり、先週閉鎖された。(中略)米国は我が国の安全保障のためにあらゆる措置を講じなければならない」と発表した。

関連ニュース

タグ
中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント