14:11 2021年07月24日
米国
短縮 URL
0 26
でフォローする

アントニー・ブリンケン米国務長官は30日、米国務省は今後、米国民がパスポート、領事出生証明を申請する際に自分で性別を選択でき、これまで提出されていた書類と性別が異なる場合も医療上の診断書を必要としないことを明言した。

これは性的少数者の権利擁護の観点から発案されたもの。

ブリンケン長官は「申請時に男か女か、自分で性別を選択することができ、選択された性別が市民の別の書類や個人証明書に記載されている性別と異なる場合も医療診断が必要とされないよう、我々はプロセスを修正していく」と語っている。

ブリンケン長官は、書類に男女とは異なる性を記載するということは技術的に困難な課題であり、既存のシステムに適応させていくには長い時間がかかることを認めた。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント