20:44 2021年09月20日
米国
短縮 URL
0 17
でフォローする

米国の新型戦略爆撃機「B-21レイダー」は、ロシアの防空システムに大きな困難をもたらす可能性がある。ナショナル・インタレストが伝えている。

米空軍の高官が記者のクリス・オズボーン氏に語ったところによると、この新型ステルス爆撃機は、時間帯を問わず、世界中のあらゆるターゲットや場所に脅威を与える。オズボーン氏は同サイトの記事で、「B-21」がロシアや中国と同様な防空システムを相手にテストを行う可能性を否定していない。

また同氏は、ロシアの防空システムは高度なものではあるが、最新のステルス爆撃機である「B-21」を探知して破壊することは非常に難しいと指摘している

最後にオズボーン氏は、ロシア政府は爆撃機の動きを正確に追跡するためのより感度の高いレーダーが必要だと考えており、最新のステルス技術を有するこの爆撃機は、ロシアにとって「最悪の悪夢」になる可能性があると結論づけている。

関連ニュース

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント